商品紹介

毎日送る人が90%!使われやすいLINEスタンプの利用実態

ざっくりいうと

  • 8割以上のユーザーが企業のプロモーションスタンプを利用
  • 広告効果としては、企業認知などブランドリフトが促進されるほか、購買など具体的なアクションまで行うユーザーも
  • スタンプのクリエイティブ制作に際しては、アプローチしたいユーザー層に合わせた、感情表現のプランニングも重要

LINEにおけるコミュニケーション方法として定着しているのが、LINEスタンプを通じたコミュニケーションです。最近では、LINEユーザーが「スタンプ離れ」をしているなどの記事がネット上に配信されていますが、果たしてその実態はどうなのでしょうか。

今回は、株式会社マクロミルの調査内容をもとにした、LINEユーザーのスタンプ利用動向を紹介します。企業の自社キャラクターやオリジナルキャラクターのスタンプをプロモーション目的として活用されている企業のマーケティング担当者様は、クリエイティブ制作にご参考ください。

スタンプを毎日利用するユーザーは9割以上!

2018年1月に実施したスタンプ利用調査によると、毎日スタンプを利用している人はLINEユーザー全体の9割以上。スタンプが毎日のコミュニケーションの中で定着していることを裏付ける結果となっています。

また、有料スタンプの購入経験は全体の5割以上で7割以上のユーザーがスタンプを5個以上保有しており、スタンプは友だちとのコミュニケーションツールとして欠かせない存在だと言えます。

「かわいい系」「楽しい系」…スタンプの好みは年代別で大きな差が

LINEスタンプの特徴として、送る相手との関係性やプライベート・職場などのグループにあわせて、自分が相手に与えたい印象のイメージのスタンプを使うことで、その印象を相手に感じさせることが可能です。

2018年3月に実施したスタンプのイメージ別利用意向調査によると、男女ともにシュール系や面白い(変顔)系のイメージは若年層での利用意向が高く、年齢を重ねるごとに利用意向が下がる傾向にありました。さらに、かわいい系のイメージも、50代男性と50代女性で利用意向が低い傾向にありました。
この結果より、スタンプのクリエイティブ制作は、アプローチしたいユーザーに合わせたスタンプイメージの選定が重要だと言えます。

一方で、若年層の利用意向については、どのイメージであっても高い結果となりました。また、楽しい系のイメージについては、どの年代でも利用意向が安定しており、多くのユーザーに使用されやすいスタンプを提供することができそうです。

男性は「行動」、女性は「感情」のスタンプが使われやすい傾向に

属性別でのスタンプバリエーションの利用意向調査によると、男女で違いが見られました。具体的に、男性では「伺う」(LINE上の返事がないときに様子をうかがう「チラっ」など)といった行動を表すバリエーションの利用意向が高い傾向にあり、女性では「お辞儀」や「お疲れ様」といった相手をねぎらうバリエーションの利用意向が高い傾向にありました。
また、20代~30代の女性では、「悲しい」や「落ち込む」といったネガティブな感情を表すバリエーションの利用意向も見られました。女性の方が、文字では伝達しにくい感情についてスタンプを使って表現する傾向にあるようです。

男女に共通する傾向としては、「了解」「OK」「いいね」といった肯定を表すバリエーションの利用意向が高く、日常会話やコミュニケーションで使いやすいバリエーションが上位にランクインしています。

企業提供の無料スタンプが人気で、広告効果も高い

企業が提供する「プロモーションスタンプ」の利用経験調査によると、8割以上のユーザーが「利用経験あり」と回答しています。

無料スタンプをダウンロードしたユーザーの広告効果についても検証を行いました。スタンプを通じて、「初めて企業や商品を知った」と回答するユーザーは30.9%。そのほかにも、スタンプをきっかけに企業への好感度が増してファンになった、商品の購入をした、など具体的なアクションにつながったと回答したユーザーもいました。

【まとめ】ユーザーに刺さるスタンプにするには

スタンプを毎日利用するユーザーは9割以上で、8割以上のユーザーが企業のプロモーションスタンプを利用しています。使われやすいスタンプを制作するためには、スタンプのイメージやバリエーションなど、ターゲットの傾向に合わせたクリエイティブ制作が肝となります。

弊社営業担当にご相談いただくことで、ニーズに合わせてクリエイティブの提案やクリエイティブ以外についてもアドバイスをさせていただきます。プロモーションスタンプ出稿のご依頼やご不明点などございましたら、弊社営業担当までお問い合わせください。

参考

RELATED ARTICLE 関連する記事

ブログ一覧に戻る