商品紹介

低ポイント付与でも喜ばれるデジタル景品「LINEポイントコード」

ざっくりいうと

  • 「LINEポイントコード」は、利便性が高く、低ポイントの付与でも価値が高いためユーザーに人気で、販促ツールとして最適
  • 特定の流通の色がないフラットなポイントなので、プロモーション展開がしやすい
  • 友だち追加などによる“追いかけプロモーション”が可能で、次の施策につなげることも

購買意欲を促進する「LINEポイントコード」

店頭販促に特化したLINEのソリューション「LINE Sales Promotion」の一つである「LINEポイントコード」。「LINEポイントコード」はLINEポイントに交換できるPINコードで、LINEポイントコード専用のWEB入力画面でLINEポイントをチャージできます。ユーザーへのプレゼント方法は、ネックリンガー、シール、QRコード、メール、DM等、様々な形態で行うことができます。
そんなLINEのデジタルインセンティブである「LINEポイントコード」を販促で活用することで、ユーザーの購買意欲を向上させ、集客や売上拡大につなげることが可能となります。

少ないポイントでもスタンプなどに交換できるから、低ポイント付与でも喜ばれる

ユーザーへLINEポイントを何ポイントプレゼントするかは、販促に合わせて1ポイント以上から1ポイント単位でポイント数を自由に設定できます。
ユーザーは貯まったLINEポイントで、LINEスタンプや着せかえへの交換、LINE Payに現金チャージなど、さまざまなサービスや日々の生活シーンで利用することが可能です。

また、2017年11月に実施したLINEポイントの定量調査においても、商品購入時のプレゼントで最も欲しいインセンティブポイントとして、ユーザーに高く支持されています。

上記より、ユーザーは少ないポイントでも無駄なく使えるので、低ポイントの付与でもユーザーに喜ばれます。

特定の流通に縛られずプロモーション展開がしやすい

共通ポイント戦国時代とも言われる昨今、各社で顧客囲い込みのために共通ポイントを巡る連携が加速しています。その一方で、LINEポイントは特定の流通の色がないフラットなインセンティブポイントとなります。そのため、広告主企業は流通に縛られず、プロモーション展開がしやすい点も魅力の1つとして挙げられます。

追いかけプロモーションの実施で次の施策につながる

キャンペーンをきっかけに自社の商品へ興味をもってもらったユーザーには、その場限りで終わらせないようにしたいもの。LINEポイント交換時のフローに、LINE公式アカウント等の友だち追加やブロック解除といった条件をオプションで追加することで、キャンペーン後のアンケート取得や次回施策の告知案内など、ユーザーへ追いかけプロモーションを行うことが可能です。
自社の商品に興味をもって友だちになってくれたユーザーだからこそ、その後のコミュニケーションの取り方次第で、次の施策のプロモーション効果を最大化させることにつながります。

販促規模にあわせて購入方法を選べる

「LINEポイントコード」の購入方法は、最低発注金額を条件に“事前購入”と“実費精算”の2種類から選べます。事前購入については、LINEポイントコード納品後に弊社より請求書を発行し、請求書払いをいただく形となります。実費精算については、ユーザーがLINEポイントコードをLINEポイントへ引き換えたときだけコストが発生する仕組みで、チャージされたポイント数で毎月ご精算させていただきます。

新商品の発売時や期間限定のキャンペーンなどの販促や、利用促進、プロモーションのインセンティブとしても活用できる「LINEポイントコード」。ご要望に応じて調整が可能となりますので、ご質問や導入をご検討されている企業のご担当者様は、弊社営業担当までお気軽にお問い合わせください。

参考

RELATED ARTICLE 関連する記事

ブログ一覧に戻る