商品紹介

【商品紹介】1to1コミュニケーションを実現するLINE ビジネスコネクト

□LINEビジネスコネクト 3つのポイント□

  • メッセージの最適化配信でより高いパフォーマンスを実現
  • アカウント機能の拡張でコミュニケーションを強化
  • 自社データベースの会員ID連携や会員証発行も可能

LINE ビジネスコネクトは、企業とユーザーの双方向コミュニケーションを可能にする法人向けサービスです。友だちとなった全てのユーザーに一斉配信を行う従来の公式アカウントと比べて、LINE ビジネスコネクトは、APIの利用と外部データとの接続によって、顧客に向けた1to1や双方向のコミュニケーションを可能にします。

LINE上で目的に応じた1to1コミュニケーションが実現

LINE ビジネスコネクトをご活用いただくことで、LINEのユーザー個別識別子を取得することが可能となります。 (*1)これにより、ユーザー単位でのメッセージ送信や、企業側のシステムとの連携など、より効果的に幅広い機能がご利用いただけます。ユーザーはトーク画面を通して、企業とメッセージをやりとりします。友だちとメッセージをやりとりする時と同じ操作感覚なので、手軽でスムーズなコミュニケーションが実現できます。なお、情報の取得やシステムとの連携は、ユーザーの許諾のもとに行われます。

(*1)ユーザー個別識別子とは、LINEユーザーの LINE ID、電話番号、メールアドレス等の個人情報とは別に、LINEプラットフォーム上で付与・使用されるユニークなユーザー識別子です。

特徴① より高いパフォーマンスの追求

性別や世代、既存会員等、アカウントの友だちの属性情報に応じて配信内容を最適化することで、より高いパフォーマンス(クリックやコンバージョン、エンゲージメントなど)を追求することができます。

特徴② アカウント機能の拡張

メッセージテンプレートを利用して、アカウントの友だちと、よりインタラクティブなコミュニケーションが実現します。LINE上で簡単に商品の問い合わせや相談を行なうこともできます。

特徴③ シームレスなユーザーコミュニケーション

友だちになっているユーザーの個別識別子と、企業側の会員IDを連携させることや、会員証をLINE上で発行することで、ユーザーのオンライン・オフラインでの行動と連動したコミュニケーションが実現され、ユーザーの満足度・エンゲージメントを高めることが可能です。

ビジネスコネクトの導入プラン

API型公式アカウントと、ビジネスコネクトアカウントの2プランでご利用いただけます。公式アカウントは、LINEアプリ内の公式アカウント一覧ページ掲載やスポンサードスタンプ配布によって、より多くの友だち追加が期待できます。ビジネスコネクトアカウントは、自社サービスなどからの友だち追加誘導が必要となります。

さいごに

LINE ビジネスコネクトのご利用にあたっては、利用企業がメッセージ送受信等のシステムを設けることが必須で、通常、システム開発・改修が必要となります。LINEでは、ゼロからのシステム構築を省略し、スピーディーな実装を可能にする、パートナープログラムを実施しています。
パートナープログラムに参画する企業の情報は、2018年2月22日にこちらのページで公開いたします。今しばらくお待ちくださいませ。

 

参考

RELATED ARTICLE 関連する記事

ブログ一覧に戻る