コラム

参考になる!ユーザーにブロックさせない初回配信メッセージ4選

多くの企業アカウントの中から自社を選んでくれたユーザーとは、いつまでも良い関係を保っていきたいものです。人は第一印象が重要といいますが、それはLINEでも同様です。初回メッセージでいかに好印象を与えるかが、ブロックを防ぐ意味でも非常に重要になります。そこで今回は、LINEアカウントの運用において、友だちにブロックされないための初回メッセージのポイントについて事例を踏まえご紹介します。

■目次
・LINEの初回メッセージとは?
・なぜ初回メッセージが重要なのか
・良い初回メッセージのポイント
・企業アカウントの初回メッセージ事例
・まとめ

LINEの初回メッセージとは?

初回メッセージとは、ユーザーが企業や団体などのLINE公式アカウントまたはLINE@アカウントを友だち登録した際に、最初に自動で送られてくるメッセージのことです。企業にとっては、ユーザーと良い関係をつくる上で重要なポイントになります。

なぜ初回メッセージが重要なのか

企業とユーザーのファーストコンタクトとなる初回メッセージ。企業がこの初回メッセージを重視しなければいけない主な理由として、次の4つが挙げられます。

  1. アカウントの印象を左右するから
    LINEを利用するユーザーの多くは、複数の企業アカウントと友だちになっています。そのため、必ずしも友だちになっているからといって、企業からのメッセージをすべて読んでいるとは限りません。そして、読んでもらえるかどうかのひとつのポイントなるのが初回メッセージです。
    初回メッセージで、自分にとって有益な情報を発信してくれるアカウントなのかどうかが判断されるため、ここでユーザーに好印象を与えるメッセージを送ることができれば、継続して情報を見てもらえる確率が高まります。
  2. ブロック防止対策ができるから
    ユーザーは何らかの期待や好意を持って企業アカウントを友だち登録します。そのため、ファーストコンタクトとなる初回メッセージは読んでもらえる確率が非常に高いといえます。そこで、初回メッセージではユーザーに好印象を与えることはもちろん、LINEアカウント運用においてできるだけ避けたい「ブロック」を減らすため、どのような情報をどの程度の頻度で発信するのか、また通知オフへの誘導などをすることで、ブロックを避ける対策も可能です。
  3. LINEアカウントにおける最大のプロモーションチャンスだから
    初回メッセージでは、挨拶のほか、クーポンの配布などもできるようになっています。友だち登録直後は、最も企業や商品に対して関心が高まっているタイミングのため、ここでアピールすることが、継続して関心を持ってもらうための大きなチャンスです。
  4. 有益な情報を獲得できるから
    初回メッセージは読んでもらえる確率が高いことから、アンケートに答えてくれたらクーポン配布といった施策も高い確率で実行してもらえます。これによって、ユーザーの属性データを取得することも可能です。

良い初回メッセージのポイント

その内容によって、後のユーザーの印象を大きく左右する初回メッセージ。では、どういったメッセージであれば、ユーザーに好印象を与えることができるのでしょうか。まずは、あまり良い印象を与えられないメッセージの例をご紹介します。

この2つのメッセージの良くない点は次の通りです。

  • 左のアカウントはテキストのみで、見た目が寂しくユーザーの印象に残りにくい
  • 右のアカウントは絵文字を使いブロック対策も行っていますが、それでもテキストが中心であっさりし過ぎている
  • どちらのアカウントも、次回からの投稿内容を告知しているが、具体的な内容はわからず、期待がわきづらい

以上の点を踏まえ、どうすればユーザーに持続して興味を持ってもらえる初回メッセージとなるか、ポイントをご紹介します。

  1. 宣伝臭は少なく、親しみやすさを出す
    LINEは友だち同士で行うメッセージのやりとりが中心のサービスです。そのため、急に宣伝臭が強いメッセージが送られてくると、どうしても親近感がわきづらくなります。ブランドの運営方針にもよりますが、企業からの宣伝というよりも、友だちとの会話の延長に近い、親しみを込めた雰囲気にすることが重要です。
  2. 発信する内容や頻度を伝える
    自ら友だち登録をしたものの、最初の段階ではどういったメッセージが来るのかといった不安もあります。そこで、初回メッセージでどういった内容のものを、どの程度の頻度で発信するかを記載すれば、ユーザーに安心感を与えることができます。
  3. 通知オフへ誘導する
    どんなに好意を持った企業アカウントだとしても、頻繁にメッセージの通知がくれば鬱陶しくなりブロックされる…といったことも十分にありえます。そこで、1日に2~3回の頻度で情報発信をする場合は「通知が多いと感じた方は画面右上のトーク設定から通知をオフにしてみてくださいね」といった形のメッセージを入れ、通知オフの設定に誘導することで、ブロックされるリスクが軽減されます。
  4. 情報は絞って伝える
    初回メッセージで急に一画面に収まらないほどの長いメッセージや複数のメッセージを送信すれば、それだけでも鬱陶しく感じられてしまいます。初回メッセージでは、本当に必要なことだけを短くまとめることが重要です。吹き出しや画像は多くても3つ程度、一つひとつを簡潔に読みやすくします。不要なリンクも離脱の要因になるので避けたほうが良いでしょう。
  5. クーポンや旬な情報など、お得感を与える
    ユーザーに有益なアカウントと思ってもらい好印象を得るには、初回限定クーポンや旬な情報を入れ、お得感を与えることも重要なポイントのひとつです。

企業アカウントの初回メッセージ事例

実際に企業アカウントがどういった初回メッセージを送っているのか、事例を4つご紹介します。自分たちがどういった初回メッセージを伝えればよいのかの参考にしてみてください。

事例1:ViS

ViS(ビス)友だち追加

女性向けファッションブランド「ViS(ビス)」のLINE公式アカウントです。クーポンをインセンティブにアンケートへ誘導し、登録したユーザーの属性情報を取得できるようにしています。クリエイティブに「1分アンケート」と掲載することで、ユーザーのアンケート回答への心理的ハードルを下げています。

事例2:ディノス

dinos(ディノス)友だち追加

カタログ、テレビ、ネット通販などを行っている「ディノス」のLINE公式アカウントです。キャラクター画像を多用し、楽しい雰囲気を演出しています。挨拶、クーポン、そして名前をつぶやくことで壁紙をプレゼントするなど、ユーザーの期待感を高めるつくりになっています。

事例3:おとなサントリー

おとなサントリー 友だち追加

洋酒、ビール、清涼飲料水などの製造・販売を行う「サントリー」が運営するLINE公式アカウントです。20歳以上のユーザーを対象にしているため、おしゃれなイラストを使い、世界観を感じさせつつ、メッセージの配信頻度を伝えてブロックをしないようにと訴えています。また「乾杯」と入力することで歓迎メッセージが出るといったギミックも親近感を与えています。

事例4:プリマハム

プリマハム 友だち追加

食品メーカー「プリマハム」のLINE公式アカウントです。キャラクター口調のかわいらしいテキストで、コミカルに自己紹介&ブロックをしないように呼びかけをしています。また「地球を征服しにきた」というキャラクターの設定に合わせたリッチメッセージでキャンペーンを予告し、ブロックしないメリットも伝えています。

まとめ

LINEでユーザーに友だち登録してもらうことは、企業アカウントにとって非常に重要なことです。しかし、最も重要なことは友だち登録をしてもらうことではなく、その後、ブロックされることなく継続してメッセージを受け取ってもらい、良好な関係をつくっていくことです。そういった意味でもその第一歩となる初回メッセージで、ユーザーに好印象を持ってもらうため、企業独自の色を出し、楽しいメッセージを伝えていきましょう。

執筆:株式会社ガイアックス 「ソーシャルメディアラボ」編集部

■弊社紹介文■
「ソーシャルメディアラボ」は株式会社ガイアックスが2010年から運営する、業界最大規模のSNSマーケティングメディアです。企業の広報担当者やマーケターの方々がFacebookやTwitter、Instagramなどソーシャルメディアを有効に活用できるよう、実践的な利用方法の研究・情報発信を行なっています。
https://gaiax-socialmedialab.jp/

参考

RELATED ARTICLE 関連する記事

ブログ一覧に戻る