プレスリリース

LINE、九州エリアにおける営業活動を本格始動 LINE Fukuoka内に営業拠点を新設

法人向けLINEアカウントサービスや運用型広告「LINE Ads Platform」など、各種法人向けサービスの九州エリアでのさらなる販売拡大を目指す

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、当社が展開する法人向けLINEアカウントサービスや、運用型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」など、各種法人向けサービスの九州エリアにおける営業活動のさらなる強化を目的として、2018年10月1日より、当社子会社であるLINE Fukuoka株式会社(本社:福岡県福岡市博多区、代表取締役社長:落合 紀貴)オフィス内に新たに営業拠点を開設いたしましたのでお知らせいたします。

 

LINEでは、2012年よりLINE公式アカウントをはじめとした各種法人向けサービスの提供を開始し、現在、大手企業を中心に提供されるLINE公式アカウントの導入数は540アカウント超*1、中小規模の企業・店舗向けに提供される「LINE@(ラインアット)」においては認証済みアカウントが35万超*2開設されており、様々な業種・業態の企業で活用されています。また、6月に実施した「LINE CONFERENCE 2018」ではLINE公式アカウントとLINE@の統合を発表し、より多くの企業やビジネスオーナーがユーザーとの距離を縮めることができるビジネスソリューションとしての刷新を目指しております。

*1 2018年6月時点。LINE公式アカウント、API型LINE公式アカウント、LINE ビジネスコネクト、LINE カスタマーコネクトの総計。
*2 2018年9月時点。一般アカウント開設数は240万アカウント超。

 

また、2016年からは「LINE」および「LINE」関連サービスを対象とした運用型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」の本格運用を開始し、「LINE」のタイムラインや「LINE NEWS」に加え、「LINE BLOG」「LINEマンガ」「LINEポイント」上で広告配信を行なっております。運用開始以降、2018年7月末時点で6,000を超える企業・ブランドに利用されております。

 

■福岡営業拠点の新設により、九州エリアの営業活動を加速。SMB領域への拡販も目指す。

LINEでは、2018月1月に大阪オフィスを新設するなど、西日本エリアでの営業活動に注力してまいりました。そしてこのたび、新たに当社子会社であるLINE Fukuoka株式会社オフィス内に営業拠点を開設することで、九州エリアでのさらなる販売拡大を目指します。

法人向けアカウントサービスの統合を見据え、大手企業から中小企業、個人店舗にいたるまで幅広い企業・ビジネスオーナーへのサービスの訴求を行うとともに、「LINE Ads Platform」においても、2019年に導入を予定しているセルフサーブ機能などにより、SMB領域への展開を加速してまいります。

また、九州エリアにおける営業活動を支えるため、当該拠点における営業体制を2019年中に20名規模に拡大することを目標とし、営業人材の採用を積極的に進めてまいります。

 

LINEでは、今後もより多くの地域で、より多くのユーザーに、企業とユーザーの双方にとって価値のある情報接点を提供し、コミュニケーションインフラとして多様な活用の可能性を広げてまいります。

 

■九州エリア営業拠点(LINE Fukuoka株式会社オフィス内)

住所:812 – 0012 福岡県福岡市博多区博多駅中央街8-1 JRJP博多ビル12F

NEWS 新着のニュース

ニュース一覧に戻る